ストレスで腹痛の症状が現れる?

ストレスとは、仕事や人間関係など、様々な要因から疲労を感じる精神疾患の一つと言われています。
ストレスが蓄積してしまうと、精神的、肉体的な症状が現れることがあります。
代表的な症状として、不眠や胃痛、腹痛などが挙げられます。
ストレスで胃痛や腹痛が起こるのは、自律神経のバランスが崩れるためと言われています。
そのため、激しい腹痛や下痢などの症状が見られる場合は、無理をせず休息しましょう。
特に、不眠や倦怠感においては、ストレスを自覚しにくいと言われています。
そのため、睡眠不足であったり、だるさを感じるようであったらストレスが蓄積していないか疑うようにするのが良いでしょう。
予防法としては、疲労を溜めすぎないようにすることが効果的です。

具体的には、休日などの休める時間ではしっかりと休むようにしたり、好きなことをして気分転換を行うなどがあります。
また、不安や悩みを抱えることも精神的な疲労となります。
悩み事などは心に留めておくのではなく、誰かに相談することで大きく解消できます。
そのため、信頼できる友人や家族に相談することも疲労を溜めないことにおいて重要であると言えるでしょう。

sutoresu01

ストレスからくる目の症状とは?

ストレスは万病の元といわれるように、様々な不調を引き起こす原因となりますが、目にも症状が現れることがあります。
ストレスからくる代表的な症状が眼精疲労です。
パソコンやスマートフォンなどで目を酷使する機会の多い現代社会において眼精疲労を抱えることは少なくありませんが、それほど酷使していないのに疲れを感じるような場合、ストレスが原因ということがあります。
ストレスで眼精疲労を起こす原因は、自律神経の乱れが考えられます。
自律神経の乱れは、全身の血流を悪くさせます。

それによって、目への血液量も少なくなってしまい、栄養不足から疲労感があらわれるのです。
また眼精疲労以外で放っておけないのが、中心性網膜症です。
これは物を見ようとすると中心部が暗くかすみ、見えにくくなる症状ですが、明確な発症理由はまだ解明されていないものの、ストレスが引き金の一つになると考えられています。
多くの場合、3~6ヶ月程度で自然に回復するのですが、再発しやすく、何度も繰り返すことで視力の低下などが起こってしまいます。
また、この病気になったことがある人は重大な視力障害を遺しやすい加齢黄斑変性症にもかかりやすいとされていることから放置してしまうのは危険な病気なのです。

sutoresu02

ストレスで咳の症状が出る?

風邪をひいている様子もないのに、咳の症状が出るのはストレスが関係しているのでしょうか?
ストレス社会と言われている現在では、誰もがストレスを抱えているものですが、それが積み重なると、身体に様々な悪影響を及ぼします。
その症状が咳としてあらわれる場合があります。
診断が難しいと言われていますが、ストレスが関係していると、心因性咳嗽の可能性が出てきます。
昼間に出ることが多く、就寝中や物事に集中している時は出ない事が多いのがこの症状の特徴です。
他にも、2週間以上コンコンと乾いた咳が続いたり、薬を飲んでも効かないなどの特徴があります。
ストレスが原因の咳の場合は、日常生活を見直すことで治ることもあるようです。

実行することはなかなか難しいですが、ストレスを感じる物事から距離を置くようにします。
そして、リラックスできる場所でのんびり過ごしたり、楽しむ時間を作って気分転換すると良いでしょう。
マッサージや適度な運動も効果的です。
また、1日の終わりには、シャワーだけで終わらせず、湯船に入ってくつろぎましょう。
バランスのとれた食事も大切です。
勿論、自己判断してしまうのは危険です。
重い病気が隠れていることもあるので、あまり改善しない場合には早めに医療機関で診察を受けましょう。

sutoresu03

微熱が出ることがある?

万病の元とも言われるストレスには、様々な症状が引き起こされ、その内の1つとして微熱もあげられます。
ストレスの度合いというのは人それぞれであり、その判断というのは非常に難しいものです。
ちょっとしたストレスを感じるだけで、体調不良や食欲不振などの症状を引き起こしてしまう人もいれば、大きなストレスを感じていても微熱どころか体調不良にすらならないという人もいます。
体のどこかに障害が現れるような病気とは違うため、精神的な症状というのは医師でも診断が難しいとされています。
風邪というのはそもそもその人の免疫力が大きく関係します。
体内に風邪菌が入り込み、その菌と体の免疫力が戦うことによって熱を出します。

つまり熱を出している身体は、風邪菌と戦っているという状態なのです。
人間はストレスを抱え込んでいると普段よりも免疫力が低下してしまう傾向にあります。
そのため菌への抵抗力も落ちてしまい、微熱が続いたり体の不調が続くというような症状が現れることも少なくはありません。
この免疫力の低下というのが万病の元と言われる所以なのです。
空気の乾燥やウイルスの流行など、風邪には様々な原因が潜んでいます。
それ以外にもその人の精神面も大きく関わってくるということを忘れてはなりません。

sutoresu04

こんなサイトの紹介

このようにして、ストレスというのは色々なことに影響を与えることがあるということですね。
ストレスの原因そのものに対応することも重要なことですし、原因がすぐに取り除けない場合は、とりあえずの対応をしていく姿勢を持つということもあるでしょう。
また、ストレスでイボができちゃうこともなくはないとのことです。ということで、イボのサイトを紹介します。